椎間板ヘルニアの手術商社マン時代の働き盛り、38才の2月、引越し荷物をトラックに運ぶときギックリ腰となりました。 この時から丁度10年後にサラリーマンを辞めなければならない事態になるとは予想もつかず、直ぐ治るものと思い、翌日都内の某医大付属病院に行きました。 坐骨神経痛ですから薬で治るでしょうとの診断でした。 一ヶ月、二ヶ月と経つうちに両脚の痺れに加え、腰の痛みがだんだん酷くなってきました。 当時会社まで電車50分位の通勤でしたが、それが段々堪えるようになってきました。 6ヵ月後に我慢の限界に達し、今風のセカンドオピニオンで別の大学病院での診察の結果、椎間板ヘルニア即手術の診断、ベッド空きを待って10月初めに手術を受けました。 今は2週間位で退院できるようですが当時(40年前)は3ヶ月の入院を必要としました。 成人が2ヶ月近くもギブスベッドで寝たままでいますと足の裏は薄くなり、筋肉は萎えて自力で歩けなくなります。杖を突いての歩行訓練が2週間以上必要でした。 ギックリ腰を“魔女の一撃”というそうですが、正にその通りで、ほんの瞬間の出来事がその後の人生を大きく狂わせる要因になり兼ねません。

2008年02月16日

ありがとうございました!

わーい(嬉しい顔)昨日は私の79回目の誕生日で多くの方々より祝福を頂戴いたしました。

逐一御礼のメールも差し上げられませんのでここに感謝を込め、

“有難う”と声を大に御礼申し上げます。わーい(嬉しい顔)

やっと80の峰の9合目を極めましたが目指すは3桁の頂上、まだまだ先があります。

いつあの世に強制送還されてもおかしくない年ですが、自然界の法則を守り強制だけは避け、のんびり、ゆっくりと登り続けたいと思います。

今後とも【バランス健康法】を一人でも多くの人にお伝えし、歯がゆい現代医療に活を入れ、生活習慣病は自分で解消できる仲間増やしに努力をしてまいりますのでよろしくお願い申します。

皆様各位のご健勝を心より祈念申し上げます。

こばやん
posted by kobayan at 12:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年02月07日

二月度のセミナーご案内

二月度入門体験セミナー
副題:冷え、腰痛を自分で治す。


新春二月度のセミナーを下記のように開催いたします。
冷え、腰痛等にお悩みのあなた、ぜひ参加して冷え知らずの健康体を
“ゲット”して下さい。

今回は特に【冷え】を中心に、生活習慣病のカラクリをお話します。

手足のむくみ、腰痛、不妊、更年期障害、糖尿、癌 その他生活習慣病
の多くは単なる【冷え】が原始原因となっています。
その仕組みと改善法を体験、学習してください。

肩こり30秒、腰痛2分、体のポカポカが体験できます。

● 日 時:2月21日(木)13:15受付 13:30開始 16:30終了

● 会 場:pvnet事務局[アイ企画様教室]
      東京都大田区大森本町2−4−24−102
      京浜急行(品川)平和島駅下車 徒歩3分

● 地 図:http://www.pvnet.net/map.htm

● 人 数:申し込み順10名様限定 (2月19日締切)

● 服 装:きついジーパン不可、タオル1本持参願います。

● 参加費:3.000円(当日払い)

● 企 画:バランス健康法指導会 (090-1127-0876)
● E-mail:balancesoutai@yahoo.co.jp
● http://mixi.jp/show_friend.pl?id=4359519 (こばやん)
● Blog :http://akikoba.seesaa.net/
● 三月度は3月17日(月)予定。
posted by kobayan at 11:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年02月01日

冷えシリーズ その4 【陰陽の考え方】

冷えシリーズ その4

陰陽の考え方


東洋医学や漢方の基本的な考え方に、東洋思想(哲学)の【陰陽の法】
という考え方があります。

すべての事象を陰(陰性)と陽(陽性)の相反するグループに分別して物事を理解し、解決する法です。

例えば、暑い夏は【陽】であり、それに対して寒い冬は【陰】という考え方です。
この考え方に従って、問題の冷え、冷え性を具体的に考えてみましょう。

陰陽の分類では:
        動植物:動物は→陽性。植物は→陰性
            男、子供は→陽性。女、老人は→陰性
        
        季節:夏は→陽性。冬は→陰性
        
        地域:熱い地区は→陽性。寒い地区は→陰性
        
        作物:陽の季節や地区で採れるものは→陰性
           陰の季節や地区で取れるものは→陽性
        
        野菜:地上のもの→陰性
           地中のもの→陽性
           路地物(季節、旬)→陽性
           ハウス物(季節外)→陰性
        
        調味料:砂糖(甘いもの、Sweets類)→陰性
            塩(味噌、醤油)→陽性

上記はごく一例ですが、野菜で冬旬のものは根菜類や、豆類、イモ類、南瓜、小松菜、ほうれん草、ねぎ類等です。胡麻和え、味噌和えなど特にお勧めです。
ケーキや果物大好きな方は冬の間は厳禁です
posted by kobayan at 11:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。