椎間板ヘルニアの手術商社マン時代の働き盛り、38才の2月、引越し荷物をトラックに運ぶときギックリ腰となりました。 この時から丁度10年後にサラリーマンを辞めなければならない事態になるとは予想もつかず、直ぐ治るものと思い、翌日都内の某医大付属病院に行きました。 坐骨神経痛ですから薬で治るでしょうとの診断でした。 一ヶ月、二ヶ月と経つうちに両脚の痺れに加え、腰の痛みがだんだん酷くなってきました。 当時会社まで電車50分位の通勤でしたが、それが段々堪えるようになってきました。 6ヵ月後に我慢の限界に達し、今風のセカンドオピニオンで別の大学病院での診察の結果、椎間板ヘルニア即手術の診断、ベッド空きを待って10月初めに手術を受けました。 今は2週間位で退院できるようですが当時(40年前)は3ヶ月の入院を必要としました。 成人が2ヶ月近くもギブスベッドで寝たままでいますと足の裏は薄くなり、筋肉は萎えて自力で歩けなくなります。杖を突いての歩行訓練が2週間以上必要でした。 ギックリ腰を“魔女の一撃”というそうですが、正にその通りで、ほんの瞬間の出来事がその後の人生を大きく狂わせる要因になり兼ねません。

2009年09月06日

最新の「流行」は避けましょう!

9月に入りやっと涼しくなり、凌ぎ易くなりました。
皆様いかがお過ごしでしょうか? お伺い申します。

厚生労働省の発表では、“9月末から10月にかけて新型インフルエンザ
のピークが来る”とのことです。

しかも、頼りのワクチンは不十分で、特に後期高齢者分は輸入品を
充当するという誠に頼のないお話です。

後期高齢者はただ年だけを執っているだけではありません。
ここは一番、歳の甲の知恵を働かせ、

「最新の流行(インフルエンザ)は避けて通りましょう!!

セミナーでお話しいたします。

詳細は↓  ↓  ↓  ↓  ↓

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1096378771&owner_id=4359519
posted by kobayan at 11:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。