椎間板ヘルニアの手術商社マン時代の働き盛り、38才の2月、引越し荷物をトラックに運ぶときギックリ腰となりました。 この時から丁度10年後にサラリーマンを辞めなければならない事態になるとは予想もつかず、直ぐ治るものと思い、翌日都内の某医大付属病院に行きました。 坐骨神経痛ですから薬で治るでしょうとの診断でした。 一ヶ月、二ヶ月と経つうちに両脚の痺れに加え、腰の痛みがだんだん酷くなってきました。 当時会社まで電車50分位の通勤でしたが、それが段々堪えるようになってきました。 6ヵ月後に我慢の限界に達し、今風のセカンドオピニオンで別の大学病院での診察の結果、椎間板ヘルニア即手術の診断、ベッド空きを待って10月初めに手術を受けました。 今は2週間位で退院できるようですが当時(40年前)は3ヶ月の入院を必要としました。 成人が2ヶ月近くもギブスベッドで寝たままでいますと足の裏は薄くなり、筋肉は萎えて自力で歩けなくなります。杖を突いての歩行訓練が2週間以上必要でした。 ギックリ腰を“魔女の一撃”というそうですが、正にその通りで、ほんの瞬間の出来事がその後の人生を大きく狂わせる要因になり兼ねません。

2010年02月15日

ヘルニア、腰痛、肩こり、冷え、便秘、生理痛、不妊、更年期障害、糖尿、血圧異常等の生活習慣病は自分で治しましょう!

万人の願い・・・ 
 
 人は誰でも健康に生まれ、健康に育ち、健康に老い、一生を終えた
 いと願っておりますが、残念ながら、21世紀に入った現在におい
 ても、その願いは叶えられておりません。


現状は・・・ 
 
 ヘルニア、腰痛、肩こり、冷え、便秘、生理痛、不妊、更年期障害
 糖尿、血圧異常等の症状で、長期に渡り、薬を飲み続け、治療に通
 い続け辛い思いをして、苦しんでおられる人が大変多くなっており
 ます。
 対症療法の域を出ない現代医療では、これらの症状は慢性化して、
 次第に重篤な生活習慣病の合併症へと悪化し、殆どの人は天寿を全
 うすることなく、人生を終えております。


あなたはどうします?・・・ 

 今の薬を飲み続け、今の治療をまだ続けますか?
 ヘルニア、腰痛、肩こり、冷え、便秘、生理痛、不妊、更年期障害
 糖尿、血圧異常等の生活習慣病に一括される症状は、何らかの日常
 生活の習慣に殆どが起因するものであり、あなたの生活習慣を変え
 ない限り、根治解消は無理と思いますが、どうでしょうか?


20年の腰痛の苦しみから・・・

 
私は若い頃椎間板ヘルニアの手術を受け、その後酷い腰痛に20年
 間も苦しめられた体験の中から生活習慣病には或るカラクリのある
 ことに気付き、その解明により自分で治す秘法を見つけました。
      
      ・・・・・バランス健康法です・・・・・


あなたも楽々出来ます【バランス健康法】

 
ヘルニア、腰痛、肩こり、冷え、便秘、生理痛、不妊、更年期障害
 糖尿、血圧異常等の生活習慣病には必ず何らかの原因があります。
 その原因を突き止め、消去して下さい。ご自分で出来ます。
 今までの辛い症状は消滅します。
 私のように20年もの長い間、苦しむことはもう有りません。
 たったの二日間でその秘法を全て伝授します。 
     
      ・・・・・たったの二日です!!!!!


感謝・・・ 

 最後までお読み頂き、有難う御座いました。
 ご縁が御座いましたなら、お互い一度の人生、ご一緒に健康で天寿
 まで地球での生活を十二分に楽しみながら、共々歩んで参りたいと
 心より願っております。

 バランス健康法師範 小林 あきら



posted by kobayan at 12:00 | Comment(7) | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。