椎間板ヘルニアの手術商社マン時代の働き盛り、38才の2月、引越し荷物をトラックに運ぶときギックリ腰となりました。 この時から丁度10年後にサラリーマンを辞めなければならない事態になるとは予想もつかず、直ぐ治るものと思い、翌日都内の某医大付属病院に行きました。 坐骨神経痛ですから薬で治るでしょうとの診断でした。 一ヶ月、二ヶ月と経つうちに両脚の痺れに加え、腰の痛みがだんだん酷くなってきました。 当時会社まで電車50分位の通勤でしたが、それが段々堪えるようになってきました。 6ヵ月後に我慢の限界に達し、今風のセカンドオピニオンで別の大学病院での診察の結果、椎間板ヘルニア即手術の診断、ベッド空きを待って10月初めに手術を受けました。 今は2週間位で退院できるようですが当時(40年前)は3ヶ月の入院を必要としました。 成人が2ヶ月近くもギブスベッドで寝たままでいますと足の裏は薄くなり、筋肉は萎えて自力で歩けなくなります。杖を突いての歩行訓練が2週間以上必要でした。 ギックリ腰を“魔女の一撃”というそうですが、正にその通りで、ほんの瞬間の出来事がその後の人生を大きく狂わせる要因になり兼ねません。

2010年12月10日

年内のセミナー終了!

5日のセミナーをもって年内の健康セミナーは全部終了しました。

年間を通じてご参加の皆さん、御苦労さまでした。

改めて感謝申します。

新年からは、【健康村】を開村して、希望者の移住をお受けいたします。

御期待下さい。

現在の社会では、大志達成の途中で病に倒れ、頼りの医療も対症療法が
主体で完治が望めず、ふがいな人生を送る確率が非常に高くなっております。

健康村で健康を確保し、志の達成のみに全力投球出来たら、
こんな愉快なことはありません。

新年はそんな年にしましょう!

何かと忙しい年の瀬です、充分に健康に留意され、輝かしい新年を
お迎えください。

バランス健康法指導会 小林
posted by kobayan at 09:51 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2010年03月02日

四季と体調

四季と体調

日本は春夏秋冬がはっきりしていて、四季折々の風景や食材が豊富で
私達の心身に様々な刺激を与え、健康維持に役立っています。

私達の身体は外界の変化に順応して常に正常な状態を保つ機能
『恒常性維持機能』を備えています。
(恒常性維持機能+自己防衛機能+自己再生機能=自然治癒力)

この機能が正常に作動しないと、季節の変わり目などに風邪をひき
やすくなったり、病状が急変したりします。

夏と冬、春と秋は正反対の季節となるため、基礎代謝量
(生きていくために最低限必要な熱源で、性別、年齢、体格等にも
より異なりますが)季節に伴う気温に大いに影響されます。

暑い夏は一番低く、寒い冬は一番高く、高い冬から低い夏に変わる
春は、高めから低めに変わり、反対に秋は低めから高めに変化します。

この四季の変化に対応するために、私達の身体内の主役を務める
臓器も季節とともに変わります。


冬:主役は『腎臓』です。

  腎臓が活性していれば身体を芯から温めることが出来ますが、
機能が低下していると身体は冷え、体調を崩します。

死亡率の一番高い季節は冬です。
年間を通して冷え症で悩む人が多く、特に若い女性に多くなっ
ています。

これは身体を冷やす夏の食材(トマト、ピーマン、茄子、瓜)
が冬でも販売されていることと、今流行りのスイーツ、
そして悪い姿勢で腎機能を低下させていることが原因と
考ます。(横座りと膝を組む)
  
改善策としては、悪い姿勢を改め、身体を温めてくれる根野菜
(大根、人参、牛蒡、かぶ、白菜、ねぎ、イモ類、ナッツ類)
を主体に、塩味を大事にする。


春:主役は『肝臓』です。

  肝臓の機能が不調になりますと、自律神経との関係が深く、
精神的に不安定な状態を招き、ヒステリーやノイローゼ等春
特有のおかしな病人が増え、顔色が悪く、シミやニキビ等が
発生します。
  
冬は寒いため比較的濃い食べ物で身体を締めていますが、
暑い夏に向け徐々に緩めるために、緑の濃い葉菜類 (菜の花、
ほうれん草、春キャベツ、新玉ねぎ、エンドウ豆、ソラマメ等)
や苦みやあくのある山菜類(蕗、筍、ワラビ、セリ、ナズナ、
タンポポ等)を意識的に摂り、酢の物も摂る。


夏:主役は『心臓』です。

  夏は心機能の昂進により、汗をかき、顔が赤みを帯びるのが
正常です。
低血圧の人や、冷え症の人は夏に体調を崩し易いので、極力汗
をかくよう努力すること。
冷房は極力避け、夏野菜(トマト、ピーマン、茄子、瓜)
も少なめに、夏の間に冷えを改善するのが得策です。
  
健常人も夏野菜は夏だけに限定して摂り、厄介な習慣病の原因
を作らないようにしましょう。


秋:主役は『肺臓』です。 
 
  肺の機能が低下すると、肌の乾燥、肩こり、乾いた咳、熱が出
たり引いたりする風邪等に罹り易い。
  
秋は夏の疲れ気味の胃や腸の調子を整え、緩んだ身体を寒い
冬に向け徐々に締める準備期間で、イモ類(さつま芋、里芋、
じゃが芋)やきのこ類、れんこん、南瓜等が旬となります。
辛味のものも良い。
  

身土不二:地産地消:旬

『身土不二』
歴史的に色んな解釈があるようですが、ここでは、
自分の住んでいる土地で生産された食材が、身体には一番よいと
理解しましょう。


『地産地消』

この頃目に付くようになりましたが、
自然界の動物たちは全て自分たちの住んでいる生活圏内で
地産地消をしています。
しかもその季節の食材しか食べていません。
一番新鮮で栄養豊富な状態で食しています。

『旬』
全ての食材には旬があり、その時が一番栄養があり、
美味しいはずです。

暑い夏の時期や暑い土地で採れる野菜や果物は身体を冷やす作用が
あり、反対に寒い時期や土地で採れる物は身体を温める作用があります。

冬の季節に南方産の甘い果物や、夏野菜を美味しいから、栄養がある
からと云って食べていると、やがて必ず冷え症になり、生活習慣病の
下地を自分で創ることになります。

冷えや、低体温、低血圧はガンが一番好む体質のようです。

posted by kobayan at 19:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年02月15日

ヘルニア、腰痛、肩こり、冷え、便秘、生理痛、不妊、更年期障害、糖尿、血圧異常等の生活習慣病は自分で治しましょう!

万人の願い・・・ 
 
 人は誰でも健康に生まれ、健康に育ち、健康に老い、一生を終えた
 いと願っておりますが、残念ながら、21世紀に入った現在におい
 ても、その願いは叶えられておりません。


現状は・・・ 
 
 ヘルニア、腰痛、肩こり、冷え、便秘、生理痛、不妊、更年期障害
 糖尿、血圧異常等の症状で、長期に渡り、薬を飲み続け、治療に通
 い続け辛い思いをして、苦しんでおられる人が大変多くなっており
 ます。
 対症療法の域を出ない現代医療では、これらの症状は慢性化して、
 次第に重篤な生活習慣病の合併症へと悪化し、殆どの人は天寿を全
 うすることなく、人生を終えております。


あなたはどうします?・・・ 

 今の薬を飲み続け、今の治療をまだ続けますか?
 ヘルニア、腰痛、肩こり、冷え、便秘、生理痛、不妊、更年期障害
 糖尿、血圧異常等の生活習慣病に一括される症状は、何らかの日常
 生活の習慣に殆どが起因するものであり、あなたの生活習慣を変え
 ない限り、根治解消は無理と思いますが、どうでしょうか?


20年の腰痛の苦しみから・・・

 
私は若い頃椎間板ヘルニアの手術を受け、その後酷い腰痛に20年
 間も苦しめられた体験の中から生活習慣病には或るカラクリのある
 ことに気付き、その解明により自分で治す秘法を見つけました。
      
      ・・・・・バランス健康法です・・・・・


あなたも楽々出来ます【バランス健康法】

 
ヘルニア、腰痛、肩こり、冷え、便秘、生理痛、不妊、更年期障害
 糖尿、血圧異常等の生活習慣病には必ず何らかの原因があります。
 その原因を突き止め、消去して下さい。ご自分で出来ます。
 今までの辛い症状は消滅します。
 私のように20年もの長い間、苦しむことはもう有りません。
 たったの二日間でその秘法を全て伝授します。 
     
      ・・・・・たったの二日です!!!!!


感謝・・・ 

 最後までお読み頂き、有難う御座いました。
 ご縁が御座いましたなら、お互い一度の人生、ご一緒に健康で天寿
 まで地球での生活を十二分に楽しみながら、共々歩んで参りたいと
 心より願っております。

 バランス健康法師範 小林 あきら



posted by kobayan at 12:00 | Comment(7) | 日記

2009年12月15日

走り疲れました!

いよいよ本格的な冬となり、風邪が心配の季節となりました。

今回は、風邪の予防と解消法を考えてみましょう。

風邪は初期手当が肝心です。風邪をひきますと熱が出ますが、これは体温を1〜2度上げることにより、免疫機構が働き出し、風邪ウイルスを撃退するための生理現象ですので、解熱剤等で熱を下げない方が良いのです。

風邪に罹ったなと思ったなら、早めに下記の飲み物を摂り、直ぐに頭まで布団をかぶり、10分ほど我慢して下さい。

多分汗が出ます。十分汗を出しきったら、良く拭き取り、そのままお休み下さい。翌朝はすっきりしています。


飲み物の作り方

@梅干し1〜2個 A生姜汁スプーン1杯 B醤油少々 C熱い番茶

大きめの湯飲み茶わんに@〜Bを入れ、良くすり潰し、Cを入れて、
一気に飲み干し、寝る。

●番茶がない場合は、白湯でもOK。普通のお茶はだめです。
出来ればクリエイト(ドラッグのスーパー又は健食店にあり?)にある『百年茶』の青箱(\1500位)を常備して普段も飲んで下さい。
冷え、便秘、低体温、病弱の人には特に効果ありです。

●高熱(38度以上)の場合は梅干しの代わりに、大根の絞り汁を
杯2〜3杯を入れて下さい。


風邪は万病の元とも云います。2010年は健康で過ごしましょう!

忙しい年の瀬です。十二分にご自愛ください。

こばやん
posted by kobayan at 18:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年12月03日

今年最後のセミナーです。

今年最後のセミナーです。
受講者の個人相談で一番多かったのが、腰痛でした。 
二番が冷え症、
三番は高血圧、の順でした。
高血圧では、血圧降下剤を35年も飲んでいる人もいました。
飲ませる医者も医者ですが、飲む人の努力には最敬礼です。
その結果、合併症で現在は12種類の薬です。
対症療法の現医療では症状の改善を薬と手術でやり、
残念ながら、症状の原因の解消が見過ごされています。

ご自分の症状の原始原因を見つけ、解消して、
新年は健康で人生を楽しみましょう。

年末と新年のセミナー日程は↓    ↓    ↓

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1096378771&owner_id=4359519
posted by kobayan at 15:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年10月05日

変調の季節です。

仲秋と云うのに、寒さを感じるこの二三日です。

陽の季節から陰の季節に変わる時期で、身体も変調し易い時です。

しかも
今年は、厄介な招かざるお客様『新型インフルエンザ』が行く手に待ち構えているようです。

普段以上に免疫力を高め、無事通過できるよう心がけましょう。

赤色オレンジ色、白色の野菜や果物がいいようです。
出来るだけ生食をお勧めです。

「冷え」はお客様の好物のようですので、今のうちに改善しておきましょう。

詳細は  ↓   ↓   ↓
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1096378771&owner_id=4359519

posted by kobayan at 13:38 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2009年09月06日

最新の「流行」は避けましょう!

9月に入りやっと涼しくなり、凌ぎ易くなりました。
皆様いかがお過ごしでしょうか? お伺い申します。

厚生労働省の発表では、“9月末から10月にかけて新型インフルエンザ
のピークが来る”とのことです。

しかも、頼りのワクチンは不十分で、特に後期高齢者分は輸入品を
充当するという誠に頼のないお話です。

後期高齢者はただ年だけを執っているだけではありません。
ここは一番、歳の甲の知恵を働かせ、

「最新の流行(インフルエンザ)は避けて通りましょう!!

セミナーでお話しいたします。

詳細は↓  ↓  ↓  ↓  ↓

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1096378771&owner_id=4359519
posted by kobayan at 11:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年07月05日

健康セミナー

医療の現状を良く知ろう

『蛙を熱湯に入れると、吃驚して直ぐ飛び出すが、水から入れてゆっくりと温めると、気付かないままに茹だって、遂には死ぬ』と云う寓話があります。


生活習慣病の初期では、何方もこの蛙のように、やがて自分の命取りの大病になるとは夢にも思わず過ごしているのが現状です。

ガンで死亡する人は30年前は16万人と云われていましたが、現在ではなんと33万人に倍増しています。

又、糖尿病を患っている人は、患者、予備軍、無自覚者を含めて2200万人にもなるという。

ガンも、糖尿も多くの人は初期には自覚症状がなく、気付いた時には中期、末期と云うケースが多いようで、生活習慣病の一般的な特徴です。


早期発見、早期治療と叫ばれて久しいですが、技術の進歩により、確かに早期発見は可能になりましたが、治療面ではまだまだのようです。


現在のガン治療は化学療法と放射線療法が中心ですが、アメリカのガン専門医が答えたアンケートで、


自分がガンになった場合は、75%が化学療法は『断る』と云う。



その理由は『効果が薄い』、『体に害がある』、『リスクが高過ぎる』だそうです。



又、別の資料によりますと、ガンの一番の死亡原因は『食事』35% 、次が

『タバコ』30%、『ウイルス感染』10%、『アルコール』3%等々です。



このデータでは、食事を変えれば大半のガン死亡は免れることになります。

これらのデータは現在私達が直面している生活習慣病全般に関して云えることで、


各自が自分の毎日の生活の習慣(くせ)を真剣に見直す必要性を示唆しているものと考えます。


7月8日(水)と26日(日)横須賀市池上市民プラザーにおいて


健康セミナーを開催しております。
詳細は    ↓  ↓  ↓  ↓  ↓


http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1096378771&owner_id=4359519
posted by kobayan at 11:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年03月28日

講演します!

花見季節ですが、肌寒い日が続いています。

皆様お変わりありませんか?お伺いします。

このたび、NPO法人日本スローライフ協会主催のセミナーで
食生活と姿勢癖の改善を主テーマに
講演をしますので多数ご参加下さいますようご案内申します。

★冷えでお悩みの方、
★メタボ、糖尿其の他健康面でお悩みの方
★生活習慣病を予防したい方等、是非参加して下さい。
★自分で出来る原因の見つけ方と其の改善法を公開します。


開催日時:4月11日(土)午後4時〜8時(3:40より受付)

開催場所:日暮里「藤もと」(居酒屋)
     西日暮里2-26-6 (03-3891-1671)

アクセス:JR日暮里駅下車徒歩2分。
     駅前ロータリーの左工事中のステーションガーデンタワー
      を右手に見て路地を進む。
     駅前郵便局の先を右折、次の十字路の角。

内  容:1「メタボ・生活習慣病は自分で治せる」
       小林あきら(バランス健康法指導会主宰)
     
     2「スローフード・食育の話」
       北村北斎(食育アドバイザー)
     
     3和食膳:健康の基本は食事です。
       「藤もと」肝いりの伝統和食です。
       美味しい玄米と有機野菜、安全食材の美味をお楽しみ下さい。

会  費:5000円(セミナー・飲食代込)

主  催:NPO法人日本スローライフ協会

申込先:E-mail:info@genkilife120.com
     F a x:046-851-5161
     携 帯:090-1127-0876(小林)
posted by kobayan at 18:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年03月10日

講演

講演のご案内
 
このたび、
NPO法人【日本スロウライフ協会】主催のセミナーで講演します。
東京近在の諸兄姉等万障お繰り合わせの上、ご参加くださいますよう
ご案内申し上げます。



日時:09年3月14日(土)午後2時より5時

会場:東京九段下【九段生涯学習館】4F・第1集会室

道順:地下鉄九段下下車、6番出口前
   九段下交差点【りそな銀行】左隣 (03-3234-2841)

会費:1000円(資料、ドライマンゴー付き)

内容:●午後2時〜
    講師:内藤良太(薬剤師・日本スロウライフ協会理事)
       【塩の話】台所の科学シリーズ第5話

   ●午後3時〜
    講師:小林 ォ(バランス健康法指導会・師範)
       【糖尿病対策】21世紀型バランス健康法第2話
  
   ●午後4時〜
    講師:北村北斎(日本スロウライフ協会代表)
      【メタボ予防管理士養成講座開講・NPO連帯のすめ】

申込:3/12日までに小林(090-1127-0876)にお願いします。

主催:日本スロウライフ協会・ライフシェアリングクラブ・共催
   
posted by kobayan at 09:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年01月05日

新年のご挨拶

謹賀新年

明けましておめでとうございます。

昨年中は大変お世話になりました。

今年は【自分の健康は自分で守る】健康法の普及元年とし、

積極的にセミナー開講と指導者の養成を行います。

よろしくお願い申し上げます。

バランス健康法指導会 小林 ォ
posted by kobayan at 20:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年10月25日

生活習慣病の原始原因

原因の追求


病気には発症に至る何らかの原因がある筈です。
その原因について考えてみます。

理解し易くするために人間の体を「家」に例えて考えて見ます。

例えば、雨漏りで天井からポタポタと水滴が落ちてきたとします。
一般的な手当てとしては洗面器やバケツを用意して急場を凌ぎますが、又、雨が降れば同じ事の繰り返しで、雨漏りの原因解消にはなっていません。

常識的に考えて、雨が降って、雨漏りがするのは屋根に何らかの原因が、多分瓦が割れたか、ずれたか等の異常が発生していることが考えられ、これを見つけ修理すれ解決することになります。

雨漏りの度に洗面器やバケツを用意し、或いは洗面器を木製の桶に変え、バケツを純金の容器に変えても急場は凌げますが、雨漏りという現象の解消にはなっていません。

家の場合は雨漏りがすれば直感的に屋根瓦の異常に気付きますが、
問題は病気(特に生活習慣病)の場合はそう簡単に原因を見つけることは出来そうもないようです。

現状の医療機関における初診の段階での的確な原因の把握は困難のようです。
対症療法も確かに必要ですが、その症状の原始原因を見つけ解消しない限り、現在の社会現象に見るように薬の副作用で何らかの合併症へと悪化するばかりです。

国民病とも言える糖尿病がいい例です。



ではどうしたらいいのでしょう?

順を追って考えてみましょう。

● 雨が降ると雨漏りになる。
急場の処置として、洗面器やたらいを取り出し、部屋の水浸しになるのを防ぎますが、天井から落ちてくるのはこの段階ではまだ防げません。

● なぜ、雨が降ると雨漏りになるか?(原因の追求)

● 屋根に異常があるのではないか?(調査)

● 屋根を点検、瓦のずれ、割れ等を発見。(直接の原因発見)

● 屋根を修理する。(原因の解消)
一応屋根の異常を見つけ、正常にすれば次回雨が降っても雨漏現象は発生しませんが、これで万全でしょうか?

ここが一番の思案のしどころです。

● なぜ屋根の瓦がずれたり、割れたりしたのか?(原始原因)


この原因は一体何なのか?


私達の住んでいる地球には人間の力ではどうすることも出来ない大きな力が作用しています。

即ち、引力が作用しています。

引力は常に垂直に作用しますので、もしも、地震や地盤の沈下等で家の土台の水平が狂った場合は、水平、垂直を基本に建てられた家はどこかに必然的に歪みが発生し、引き戸が軋んだり、壁にひび割れ、又は屋根瓦のずれ等の発生が充分に考えられます。

屋根の修理と同時に歪みの原因(原始原因)となる土台の水平をチェックする必要があります。



構造物は全て土台の水平が大前提となり、人体の場合も同じです。

車はシャーシー、人体は骨盤です。



私達は引力を消すことも、引力の無い土地に住むことも出来ませんのでこれ以上の原因の追求は出来ません。

自分の骨盤を水平にする以外に方法はないのです。

生活習慣病の解消には対症療法で手当てをすると同時に、起因するであろう第一義的な原始原因の土台の水平、即ち骨盤の歪みの有無を調べ、水平を確保することにより完全に解消することが可能になります。



私達の住んでいる地球上では原因が消滅すれば、結果の諸現象は存在しないという【原因・結果の法則】(因果律)があります。

火元を消火すれば煙は完全に消滅します。
火元を見つけ、その消火法を習得し、健康を回復し、人生を楽しみましょう!! 

● 火元の見つけ方。


★椅子に腰掛けてする法

椅子に浅く掛け、そのままの姿勢で片方の膝をゆっくりと上がる所まで上

げ、下ろす。

次、反対の膝を上げて、下ろす。

そして左右どちらが上げ辛かったかをみる。

もしどちらかの膝を上げたとき、重い、こわばり、つっぱり、痛み等の違和

感があればそれは骨盤が歪んでいる証拠です。

★仰向けに寝て調べる法。

仰向けに真直ぐ寝て、両膝を曲げ立てる。

この姿勢で両膝を左右に一回ずつ倒してみる。

もしどちらかに倒した場合、重い、こわばり、つっぱり、痛み等の違和感が

あればこれも骨盤が歪んでいる証拠です。
 
posted by kobayan at 18:26 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2008年08月13日

指導者養成セミナー

指導者養成コースの案内

銀座【元気の部屋】におけるバランス健康法の入門体験セミナーも6,7,8月と好評裏に回を重ねて来ました。 

今回は健康法の指導者養成を目的に2日コースでバランス健康法の全てを公開します。

バランス健康法指導者養成コース

内 容:A)生活習慣病全般に対応できる身体の歪み解消法16手技
     一般的な整体、カイロ等と異なり、自分で自分の体の歪みや痛み     を解消することが出来る秘法です。     
    B)薬等を使用せず諸症状を改善する食養手当て法

対 象:1)バランス健康法の愛好者(入門コース受講者で更に奥義を極め     たい方)
    2)健康になりたい人
    3)21世紀の健康法として企業展開を志す人
    4)各種治療の先生(治療時間と期間の短縮で患者に喜ばれる)

日 時:8月15日〜16日、 10:30〜17:00 2日連続

会 場:銀座3−8−4新聞会館2F―22【元気の部屋】(下記道順)

人 員:4名限定、予約申し込み順

費 用:一般¥78.000。(当日払い) 入門コース受講者は特割あり。

服 装:実技で体を動かしますので軽装のこと。きついジーパンは不可。

予 約:バランス健康法指導会(090-1127-0876)

道 順:●JR有楽町駅前三省堂本屋の右側、【銀座マロニエ通り】を直進、松屋デパートの裏通り3本目、コンビニローソンの角を右折すぐ、7分。
    ●地下鉄銀座線、銀座駅【A12】出口で松屋正面に出る。
     左側の通りを右折、通り3本目、コンビニ角を右折、すぐ。2分。
    ●地下鉄東銀座駅【A8】出口より少し戻り、松屋通りを右折、
     通り2本目を右折、左先、2分。

バランス健康法指導会 小林 ォ


posted by kobayan at 09:34 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2008年07月30日

食性について

食性について(続き)と順番が逆になってしまいました。
お詫びして掲載します。


食性について


動物の食性は一般的には草食性と肉食性、雑食性に分類され、それぞれに適した歯を持っています。

草食動物(牛、馬、兎等)は門歯、臼歯が発達しており、肉食動物
(狐、ライオン、虎等)の犬歯は肉を食いちぎるのに適しております。

私達雑食性の人間の歯は、穀類を噛み潰すのに適した臼歯が20本、野菜や果物を噛み切るのに適した門歯が8本、肉類を噛み千切る犬歯が4本、合計32本となっております。 穀類5:野菜2:肉1の比率です。

しかし、現在の若い人達の食生活が欧米化の影響で、パン、肉類が多くなったためか一番後で生えるはずの「親知らず」の臼歯(奥歯)が生えない人が45%もいるそうです。
今のようにグルメブームで軟らかい、ジューシーな食材が好まれる時代には硬いものを噛み砕く臼歯は段々不要になってくるのかも知れませんネ。

文化が進化すれば歯は退化する?

更に歯の生えている顎の形状も変化しているようです。
昔は、32本バッチリ生えていましたので顎が角張って大きく、エラの張った四角っぽい顔立ちが多かったのですが、現在はなぜか通称イケメンタイプ(イケメンとは何語?)に見られるように、面長型に変わってきています。
歯の数が少なくなれば狭いスペースで済み、その分、顎が小さくなる道理です。

穀類が主食の食生活では、昔からよく噛みなさいと言われてきましたが、噛むことにより唾液が分泌され、唾液に含まれている酵素アミラーゼによって消化されるのです。

これに反して肉類は、臼歯で噛み砕く必要はなく、犬歯で食い千切り、胃に送り込めば胃液によって消化されるのです。

一度おいしい肉を奥歯でよーーく噛んで(50回位)食べてみて下さい。
どんな味になるか?

我々人間は雑食性哺乳動物の一種であることに間違いなく、決して肉食動物ではなく、食性からして穀類を主食にする動物です。

私達日本人は古来よりご飯に味噌汁、漬物の一汁一菜を基本に、
二〜三菜までを伝統食として伝承してきましたが、戦後、食生活の急速な欧米化と数値による変な栄養指導により、健康的な食生活は崩壊してしまい、以前には無かった病気が蔓延しています。

地球上では人間以外の全ての動物(ペット化して動物以外)は食性に従って生活しています。

人間だけが食性を無視して、美味しーーい! ジューシー! グルメだー!と言って肉食に走り、その結果は現状に見る通りです。

現代医療が簡単に治してくれれば問題は無いのですが、現状では不可能に近い難題です。

自分の習慣で欧米化した現代食を食べ、病気になり、悩み、苦しんで病死するか

自然界の法則に従い、 食性通りの食生活を心掛け、健康で天寿まで人生を楽しむか、

二者択一の時代です。

さー、決断するなら

あなたは・・・・・・どっち?!
posted by kobayan at 15:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年07月29日

食性について(続き)

食性について(続き)

人間は哺乳動物であり、雑食動物であることは分類学上理解できますが、食性について考えるとき一つ腑に落ちない点があります。

それは哺乳動物でありながら、なぜ歯が生え揃ってから、
学校給食で半強制的に牛乳を給食で飲ませるのか?
又、病院で入院患者に牛乳を飲ませるのか?

しかも現代栄養学に基づく栄養士の指導によってである。

私の知る限りでは、地球上の哺乳動物で人間以外は固有の歯が生え揃い、親と同じ食物を食べるようになると決して乳は飲まなくなり、
それで立派に成長しています。

決して栄養失調にはなっていません。

人間の場合も親の母乳ならまだしも、真っ赤な他人(他動物)である牛の乳を学校給食や病院食で飲まされるのか実に不可解です。

学説によると牛乳に含まれる乳糖を分解する酵素は歯の生え揃った
2〜3児ではすでに産生されていないという。 

これは飲んでも吸収利用されないということでしょう。

特に私達日本人は牛乳を飲む習慣は無く、戦後アメリカの栄養学とともに輸入され普及しましたが、
その結果、アレルギー、アトピー性皮膚炎、潰瘍性大腸炎、ガン体質、鼻づまり、喘息、更には、白内障、関節炎、呼吸器系の病気が多くなり、特に高齢者には骨粗鬆症が多発しています。

世界的に見ても、アメリカやニュウジランド等牛乳消費量の多い国では、骨粗鬆症の発生率が非常に高く、大人は飲まないほうが良いと云う説が大勢をしめるようになっているようです。

私達日本人は古代より小魚、海藻類、野菜類、非精製の穀類等から充分なカルシュムを安全に摂ってきました。

牛乳は飲まなくても決して栄養失調にはならず、
かえってアトピーや骨粗鬆症にも罹らず健康でいられます。

自然の摂理を無視した数値による栄養学よりも哺乳動物としての食性に従い、健康で病知らずの人生を楽しみましょう。
posted by kobayan at 11:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年07月25日

8月度のセミナー案内

8月度体験セミナーのご案内

今年は異例の猛暑が続いておりますが、皆様お変わりはございませんか?
お伺い申します。

ビールが美味しいですね!
セミナーの後はまた格別です。!!

さて、8月も銀座における【元気の部屋】体験セミナーは
休まず開催いたしますのでご案内申し、ご参加をお待ちいたします。

開催日:8月2日(土)・9日(土)

時 間:体験セミナーは13:30開始16:00終了
    治療を兼ねた個人指導は11:00より2名のみ別途受付します。

8月は特に“冷えの解消”を重点的にお話をしますので、冷え、足のむくみ、
冷房嫌い、低体温、不妊、流産
等でお悩みの方のご参加をお勧めいたします。

その他の事項は恐縮ですが7月の案内をご参照ください。

バランス健康法指導会
posted by kobayan at 14:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年06月25日

銀座セミナーの案内

7月度【バランス健康法】体験セミナー案内

各 位 様

冷え、肩こり、腰痛、ガン、その他の生活習慣病の対策は万全でしょうか?

家庭にて、ご自分で出来る秘法【バランス健康法】を体験してみませんか?

健康あっての人生です! あなたを健康にしたい。

100歳まで健康人生を楽しむためには今日することがあります。

銀座でお待ちしています。


日 時:7月5日(土)12日(土)13:00受付、13:30開始、16:00終了

会 場:新聞会館2F―22号室【元気の部屋】(下記道順参照)

人 員:10名限定、完全予約制

内 容:生活習慣病のカラクリと自分で出来るその解消法    
    肩こり30秒、腰痛2分解消の体験

服 装:軽く足腰を動かします、きついジーパンは不可、タオル1本持参。

参加費:3.000円(当日受付にてお支払い下さい)

予 約:バランス健康法指導会(090-1127-0876)
          又はFax(046-851-5161)

道 順:●JR有楽町駅前三省堂本屋の右側、【銀座マロニエ通】を直進、
    松屋デパートの裏通り3本目、コンビニ ローソンの角を右折す ぐ、7分。
    ●地下鉄銀座線、銀座駅【A12】出口で松屋正面に出る。左側通り
    を右折、通り3本目、コンビニ角を右折すぐ、2分。
    (迷ったら090-1127-0876)

尚、●参加者は終了後自己PRが出来ますので、名刺、資料、見本等ご用意下さい。
  ●自由参加で懇親会もあり。
  ●個人指導希望の方は(5.000円)午前中に行いますので、別途申し込みください。
   午後のセミナーは無料となります。
  ●8月は2日と9日の土曜日、同じ時間帯を予定。

以上

平成20年6月吉日
バランス健康法指導会 小林 ォ
posted by kobayan at 22:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年06月11日

6月度体験セミナー案内

6月度【バランス健康法】体験セミナー案内

各位様

冷え、肩こり、腰痛 その他の生活習慣病の対策は万全でしょうか?

家庭にて、ご自分で出来る秘法【バランス健康法】を体験してみませんか?

健康あっての人生です! あなたを健康にしたい。

100歳まで健康人生を楽しみましょう!

銀座でお待ちしています。


日 時:6月14日(土)13:00受付、13:30開始、16:00終了

会 場:新聞会館2F―22号室【元気の部屋】(下記道順参照)

人 員:10名限定、完全予約制

内 容:生活習慣病のカラクリとその解消法
    肩こり30秒、腰痛2分解消の体験

服 装:軽く足腰を動かしますので、きついジーパンは不可、タオル1本持参。

参加費:3.000円(当日受付にてお支払い下さい)

予 約:バランス健康法指導会(090-1127-0876)又はFax(046-851-5161)

道 順:●JR有楽町駅前三省堂本屋の右側、【銀座マロニエ通】を直進、松

屋デパートの裏通り3本目、コンビニ ローソンの角を右折すぐ、7分。

    ●地下鉄銀座線、銀座駅【A12】出口で松屋正面に出る。左側通りを右折、
通り3本目を右折すぐ、2分。(迷ったら090-1127-0876)

尚、●参加者は終了後自己PRが出来ますので、名刺、資料、見本等ご用意下さい。
  自由参加で懇親会もあり。
  ●治療希望の方は14日午前中に行いますので、別途申し込みください。

以上
平成20年6月吉日
バランス健康法指導会 小林 ォ
posted by kobayan at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

長らくのご無沙汰!

皆さん、お元気でしたか?

しばらくぶりに帰ってきました。

別に病気をしていたわけでもありませんが、相棒のPCが反乱を起こし、インターネットが接続不能となってしまいました。

悪戦苦闘の末、反乱分子を一掃、やっと正常に戻ることが出来ました。

年をとると、政府からは後期高齢者と痛めつけられ、PCには馬鹿にされるはで大変です。
しばらくは大丈夫かと思います。

あとはPCをEXPに変える作業が残っていますがボチボチと老骨に鞭をやさしく打ちながらやることにします。

こばやん
posted by kobayan at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年04月02日

4月度体験セミナーご案内

桜満開の今日この頃ですが、皆様如何お過ごしですか? お伺い申します。
寒い冬から、暑い夏に向かう中間期の季節は、肉体的には一番変調をき
たす時期です。
体の変調に気づき、初期症状を解消することにより、病気を予防する
ことが出来ます。
気づきが早ければ、それだけ早く解消でき、病気知らずの生活が楽し
めます。


イベント介護のお仕事をされている方、冷えや生理異常、不妊等でお悩みの方、
腰痛、肩こりその他既往症状お持ちの方、一日も早くご自分で解消で
きる 技を体験してみてください。演劇

皆様のご参加をお待ちしています。


4月度バランス健康法入門体験セミナー

副題:生活習慣病のカラクリと解消法



◆ 日 時:4月18日(金) 18:00受付  18:15開始 20:45終了

◆ 会 場:pvnet事務局[アイ企画様教室]
      東京都大田区大森本町2−4−24−102
      京浜急行(品川)平和島駅下車 徒歩3分

◆ 地 図:http://www.pvnet.net/map.htm

◆ 人 数:申し込み順10名様限定 (16日締切)

◆ 服 装:きついジーパン不可、タオル1本持参

◆ 参加費:3.000円(当日払い)

◆ 企 画:バランス健康法指導会 (090-1127-0876)
◆ E-mail:balancesoutai@yahoo.co.jp
◆ http://mixi.jp/show_friend.pl?id=4359519 (こばやん)
◆ Blog :http://akikoba.seesaa.net/
posted by kobayan at 12:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。